栗ごはん

小学5年生のTくんが栗を持ってきてくれました。

きれいに剥いて冷凍したものです。高知にお爺さんがいて、田んぼや果樹園をやっていらっしゃるそうです。そしてときどきそこで収穫された、季節の贈り物を送ってくれます。私たちは幸運にも、御相伴に与かれる訳ですね。果物や味噌汁に入れると最高の、四万十川の岩ノリなどもありました。

さっそく炊いて、栗ごはんをつくりました。

ホクホクの、秋の甘い香りを、大きく吸い込みながら、みんなニコニコおいしくいただきました。

うっかり、写真撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。そしてありがとう

塾長 の紹介

1957年東京生まれ。1981年早稲田大学第二文学部卒業。 医学雑誌編集記者、技術系出版社を経て、1991年より学習塾「自由学舎」(東京都目黒区)の専任講師。2008年新聞記事を題材に作文をする塾「文塾」を立川市に開設。 小・中・高校・大学受験の指導だけでなく、不登校児の学習支援や野外活動指導員としての実績を持つ。
カテゴリー: 文塾の活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です