COVID 右往左往

ここ1年8ヶ月余り。
世界はCOVID19-パンデミックで右往左往の連続であった。
お陰でまだ5波目の真っ最中にある日本の未来は闇の中。
何ら有効な手立てもなく、更なる絶望感を国民にプレゼントしてくれた菅政権も、やっとここで退場が決まった。
それにしても国民の窮状そちっちのけでTVで人気を煽り、派閥対策ばかりに熱心な各候補者たちの情けなさよ(この人たちは今まで一体何をやっていたんだ!特にワクチン担当)。
そしてそのTVは、コロナ禍を強権で抑え込んだというあの中国で、不動産大手の総額3000億ドルを超えるという負債発覚を告げる。これは氷山の一角に過ぎまい。早くも株価・仮想通貨ともに急落しだした(中華経済エリートたちのお手並み拝見だ)
いやはや、世界バブル崩壊の狼煙とならないことだけを祈るばかりだ。
・・てな訳で、この欄は以後教育問題含めて小生の勝手な無駄口劇場と相成り候。
以後お見知りおきくださいませ。
AKIRA
 hah

塾長 の紹介

1957年東京生まれ。1981年早稲田大学第二文学部卒業。 医学雑誌編集記者、技術系出版社を経て、1991年より学習塾「自由学舎」(東京都目黒区)の専任講師。2008年新聞記事を題材に作文をする塾「文塾」を立川市に開設。 小・中・高校・大学受験の指導だけでなく、不登校児の学習支援や野外活動指導員としての実績を持つ。
カテゴリー: 教育について パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。