家族のこと」カテゴリーアーカイブ

孤立死Ⅱ

現在日本の高齢化率は23%で、先進国中トップです。 そんな中で「独り暮らしや身よりのないお年寄りが増えすぎて、とても行政だけでは支えきれない」(24日朝日新聞)そうです。 そして「家族に代わって高齢者の身元保証などを行う … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 家族のこと | コメントする

孤立死

朝日新聞に「孤族の国」という連載があります。 昨年話題になったNHKの「無縁社会」の朝日版です。22日掲載の記事の中で、孤立死された人々の遺品整理を請け負う会社を経営している、吉田太一のリポートが印象に残りました。 なん … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 家族のこと | コメントする

新型うつと若者たち

かつて、私も、「うつ」でした。子どものころ、父親から激しいコミュニケーションによる虐待を受け、毎日死ぬことばかり考えていた時期がありました。 近隣に知り合いがひとりもいない、家と学校の間を往復するだけの息の詰まるような狭 … 続きを読む

カテゴリー: 家族のこと, 教育について | コメントする

無縁社会と家族の壁

TVでNHKの無縁社会シリーズ3を見ました。家族とは何か・・あらためて考えさせられました。 30年前に家族と生き別れ、生存していれば113歳の所在の分からない女性。仕事を辞めた息子に介護されていたが、亡くなっても貧困で葬 … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 家族のこと | コメントする

「マンガ」について

マンガはサブカルチャーです。 もっというと、カウンターカルチャーということですね。 今日、多くの子どもたちがマンガをたくさんみています。(おとなたちも夢中ですが) しかし、メインカルチャーには、ほとんど接する機会がありま … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 家族のこと, 教育について | コメントする

就活もお母さんといっしょ!

就職活動も親子で助け合う時代だそうです。履歴書も半分親が書いている。かなりの大学が親向けの就職活動説明会を開いています。なんと六割以上の親が子供の就職活動に進んで手助けしているそうです。なんで親がここまでヒートアップして … 続きを読む

カテゴリー: 家族のこと, 教育について | 1件のコメント