教育について」カテゴリーアーカイブ

東工大のリベラルアーツ教育

 東京工業大学では去年より(学士から博士課程の9年間にわたり)リベラルアーツ教育を開始している。講師陣はジャーナリストの池上彰氏、小説家の磯崎憲一郎氏の他、主に人文社会学系の文化人たちだ。  以下はこのプロジェクトの中心 … 続きを読む

カテゴリー: 教育について | コメントする

新大学入試改革:やっと文塾に追いついたかな?

2020年から始まる大学入試改革の大枠が発表されました。 これまでの記憶力中心の詰め込み教育から、テキストを読み、自身で考え、文章で表現する能力を重視することへの転換のようです。 つまり言葉によるロジカル・シンキングへの … 続きを読む

カテゴリー: 教育について | コメントする

8年目です

8年めの文塾 文塾はこの4月で8年目になりました。支えて頂いている関係者の皆様に深く感謝申し上げます。  私は普通の学習塾で長い間受験のための指導を続けてきました。そして7年前の春に、思い立って「文塾」を開きました。 そ … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 教育について, 文塾の活動 | コメントする

さんきゅうカフェに引っ越しました

文塾は引っ越しました。  同じ立川市羽衣町のNPO法人さんきゅうハウス1F・さんきゅうカフェ内です。 さんきゅうハウスさんは、ホームレス支援を目的とする立川に拠点を置くNPO法人です。 ここの一階のカフェレストランを午後 … 続きを読む

カテゴリー: 教育について, 文塾の活動 | コメントする

日本の憲法だいじょうぶ?

もっと子ども達に社会に眼を向けてもらいたい・・と願って起こした文塾も、いよいよ6年目です。これまで応援して頂いた皆様に感謝を申し上げたいと思います。 塾生たちは今日も明るく勉強に打ち込んでいます。みんな何で自分が勉強をす … 続きを読む

カテゴリー: 教育について | コメントする

グローバル化したネット社会を生き抜くための教育

「グローバル化の中で生き抜くための学力向上を目指す」 これは、現政権が掲げる教育目標です。 グローバル化は、今や社会を生き抜くために不可欠な能力の条件だといってよいでしょう。 文塾では開校以来、ずっとこのことを訴え続けて … 続きを読む

カテゴリー: 教育について | コメントする

作文とは論理力を養うトレーニングである

この春、私立麻布中学の入学試験で出た理科の問題が注目を浴びました。「ドラえもんが生物として認められない理由を説明せよ」というものです。出題では、生物の重要な特徴として「自分と外界とを区別する境目をもつ」、「自身が成長した … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 教育について, 文塾の活動 | コメントする

体罰指導はなぜ起きるのか

去年、大阪の高校で、バスケットボール部の生徒が自殺し、体罰をしていたとされる顧問の教諭が告発されました。別の大阪の高校でも、柔道部顧問が女生徒に体罰をしていたことが判り、問題となっています。また今年、全日本女子柔道強化選 … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 教育について | コメントする

再びいじめ問題について

  滋賀県大津市で起きた中学生いじめ自殺事件が、大きな話題になっています。東京では、高一の男子が首を絞められ殴られたと、暴行容疑で警視庁に届け、愛知では中二の少女が「死ね」「うざい」と暴言を吐かれ、適応障害にな … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 教育について | コメントする

ぽんた山元気楽校

先日、「ぽんた山元気楽校」へ一泊二日で行ってきました。ぽんた山は、福島県の阿武隈山中で活動しているNPO法人あぶくまエヌエスネットが開いている、子どもあそび体験教室です。 代表の進士徹さんは、23年間もここで体験教室を開 … 続きを読む

カテゴリー: 世の中のこと, 教育について | コメントする